運転怖い!克服講座VOL1 正しい運転姿勢は美しい所作にもつながります

2018.07.17. manner マナー

運転免許取り立ての初心者の方、ペーパードライバーの方など、車の運転が怖い! 苦手!という方は少なくない模様。そこでここでは運転が怖い、苦手という方に向けて、克服レッスンをお届けします♪


知っている、分かってる!

でも正しいドライビングポジションは

運転が上手くなる何よりの近道です。

 

 

 

自動車教習場では口を酸っぱくして言われる「正しい運転姿勢」。でも卒業して自分で運転をするようになると、なかなか正しく合わせられていないのが現状かもしれません。自分にとってのラクな姿勢と、正しい運転姿勢には少しズレがある。でも運転が上手い人は自然に正しい運転姿勢へとシフトしていきます。

 

だまされたと思って、1度正しい運転姿勢を改めて見直してみましょう。最初は違和感があったとしても、慣れてくれば運転がしやすいことや、腰痛がラクになったり効果が表れてきます。正しい運転姿勢は安全運転のためにも必要です。

 

【正しい運転姿勢の作り方】

 

①腰とシートの間に隙間がないように深くシートに座ります。ハンドルの頂点を握ったときにシートから肩が浮かないこと、ヒジが軽く曲がる程度の位置に合わせます。

 

②かかとは床につけ、エンジンをかけた状態でブレーキペダルを奥まで踏んだときに膝が伸びきらず、軽く曲がる位置にシートを合わせます。

 

③ハンドルを180度以上回したときに背中が背もたれから浮かない状態が理想。ハンドル操作がスムーズに行えるから確認しましょう。

 

④ヘッドレストに頭をつけて、隙間が出来ないように調整します。ヘッドレストから頭が離れて運転している方はよく見かけますが、これも注意が必要です。

 

余談ですが、正しい運転姿勢で運転している女性を見ると、やはり、傍目から見て美しいものです。

無駄が無い操作をしている雰囲気はとても知的。何よりマナーを守っている人は、上品です。

正しい運転姿勢=美しい立ち振る舞いにもつながります。まずは自分の姿を周囲に見せて、周囲に影響してください。自分のためにも他のためにもなる、美しい運転姿勢をマスターしましょう。

 

 

女性が等身大で本音が言える、女性の胸の内を聞く事ができる、女性のためのクルマ生活情報をお届けしていく予定です。女性には女性ならではの視点があって、クルマの楽しみ方、付き合い方があります。等身大の女性流クルマ生活の遊び方、楽しみ方を発見し合って、楽しみましょう!

SNSでシェア

関連記事