道の駅で手土産を買おう part3

2019.02.20. drive ドライブ

手土産忘れた!というときに便利なのが道の駅。え?どうして!?と思った方はぜひ一度、道の駅へドライブに出かけてみてください。


車に乗っている方なら1度は訪れたことがあるだろう道の駅。道の駅は休憩所やトイレだけでなく、物産館や郷土資料館など地域の情報収集もできる場所。さらに近ごろはカフェがあったり、遊ぶ施設があったりと道の駅自体が観光スポットになっているところが増えています。

今回ピックアップした、道の駅日光もそのひとつ。

日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館をはじめ、屋台展示コーナー、市民ギャラリー、日光地元の野菜、フルーツ、日光の人気グルメを集めた複合ショップなど見どころ盛りだくさん。さらにここには、380席の客席が用意された多目的ホールも併設されています。客席は電動式稼働観覧席で壁面に収納できるため、ステージと256㎡のホールとしても使用が可能。またイベントも定期的に開催されているので、イベントを目的に出かけるのも道の駅日光の楽しみ方です。

「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」は、日光市ゆかりの日本を代表とする作曲家船村徹氏の歩みが見られる場所。写真は楽曲提供したCDジャケット、レコートがずらりと並ぶ展示コーナー。そのほか北島三郎さん、鳥羽一郎さん、美空ひばりさんなどに提供した楽曲を3Dグラフィック映像で体感できる「夢劇場」やオリジナル記念グッズなどを取り扱うミュージアムショップなどが用意されています。

もちろん、手土産も豊富です。

日光東照宮上菓子処として、お菓子を提供している日昇堂の「日光ラスク」をはじめ、日光・栃木の地酒、キャッスルのワッフル、金谷ホテルベーカリー、地元でとれた野菜などなど豊富にとりそろっています。

PENTAX DIGITAL CAMERA

 

 

いつもとは違う手土産を選びたいと思ったときは、道の駅に出かけてみましょう。

 

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣

栃木県日光市今市719番地1

 

 

女性が等身大で本音が言える、女性の胸の内を聞く事ができる、女性のためのクルマ生活情報をお届けしていく予定です。女性には女性ならではの視点があって、クルマの楽しみ方、付き合い方があります。等身大の女性流クルマ生活の遊び方、楽しみ方を発見し合って、楽しみましょう!

SNSでシェア

関連記事