心も体も健康に。これ、安全運転の秘訣です

2018.10.18. column コラム

女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)」では、

健康系、美容系の記事を多く発信しています。

その理由は、、、、、

心も体も健康でなければ、安全な運転ができないからです。

安全に運転を楽しむためには、ヘルシーな心と体が必要です。

まず心。メンタル面。みなさんもお分かりだと思いますが、車の運転って、メンタルがめちゃめちゃ影響されますよね。

落ち込んでいたり、イライラしていたり、ムカムカしていると、

いくら平静を装っても大なり小なり、運転に影響します。

上記のような心の状態だと、呼吸が浅くなり交感神経が高まりやすくなります。

そうすると、集中力の低下、イライラ、ムカムカの悪化、肩こり、腰痛も起こりやすくなります。判断力も弱くなる。いいこと無しです。

健康な心を手に入れるためには、体づくりも大切。むしろ、体がきちんと整っていれば、心も良い状態へ導きやすくなります。

運転疲労をより増長する原因の中には、

肩こり、腰痛、足のむくみなどなど、いろんな体のトラブルが挙げられますが、

結局のところ、その多くは筋力不足がまねいていることが多いのです。

ムキムキになって腹筋を割る!という必要はありません。健やかに過ごすための適切な筋力が必要です。それが、ヘルシーな心を育み、安全運転につながります。

しいては、人生が豊かになります。

適切な筋力があれば、肩こりも腰痛も和らぎ、改善に向かいます。

足のむくみも起こりにくくなり、女性特有の症状に対しても緩和されたりします。

安全な運転で車生活を楽しむには、健康な心と体づくりは欠かせない要素なのです。

……という理由からbeecarでは、健康、美容系の記事が多いのです。

いつでもどこでも簡単に取り組めるのは呼吸です。

朝起きたとき、ドライブでの小休止、夜寝る前にぜひトライしてください。

朝起きたときは、ベッドの上で寝転んだまま深呼吸。

鼻から息を吸って、体を上下に伸ばして、鼻から息を吐いて体をゆるめます。これを数回繰り返しましょう。

ドライブの小休止では、

背筋を伸ばして座り、お腹に手を当てて深呼吸。

鼻から息を吸ってお腹を膨らませて、吸った息の2倍以上かけるイメージで鼻からゆっくりと息を吐きます。お腹がぺちゃんこになるまで、息をしっかりと吐き切ってください。これを数回。

夜寝る前は、

ベッドに寝っ転がった状態で、足は腰幅に開き、脇の下にはボール1個分以上のスペースを開けて、仰向けに寝ます。鼻から息を吸ってお腹を風船のように膨らませて、鼻から息をゆっくりと吐く。これを数回繰り返します。

深い深呼吸をする時間をとるだけでも、体の中の細胞は活性化され血の巡りがよくなり、リラックス効果が上がります。また複式呼吸を行うことで、インナーマッスルにも刺激を入れることができるので、お腹もすっきりする効果もあり。

まずはお腹の呼吸からやってみてくださいね。おすすめです。

beecar編集長/インナービューティ講師/車生活アドバイザー/

株式会社三栄書房にてモータースポーツ、車雑誌の編集部員を経て独立。独立後は女性誌、ブライダル誌で企画編集に携わる。女性のための車生活マガジンの編集長を経てオフィスタマ株式会社設立。車、女性、生活、健康を軸にアドバイザー、記者、セミナー講師を務める。現在、ヨガインストラクターとしても活動中。

【資格】自動車競技国際C級ライセンス/チャイルドシート指導員/全米ヨガアライアンスRY200取得/陰ヨガ指導者養成コース修了/アナトミック骨盤ヨガティーチャートレーニング修了/瞑想指導者養成講座修了/ヴィンヤサヨガ総合講座修了/解剖学ティーチャートレーニング修了

SNSでシェア

関連記事