女性ドライバーに必要な心構え? エンジンオイルについて考えよう

2018.08.01. life ライフ

女性ドライバーの皆さん、エンジンオイル交換は定期的に行っていますか? 気にしたこともない……という方は要注意。車の健康管理はハッピードライブに欠かせません。交換するベストタイミングは、使っている状況や車の種類によっても変わります。マイカーにとってのベストな時期を考えることは、大人の女性ドライバーに必要な心構え。素敵な車との日々を過ごすためにもエンジンオイルについて、少し、考えてみましょう!


エンジンオイル交換の一般的な目安は?

車の種類や使用状況によってエンジンオイルの交換時期は異なります。まず最初に、一般的なエンジンオイルの交換目安をお伝えしましょう。

 

ガソリン車⇒ 走行距離1万5,000kmまたは1年 

ガソリンターボ車⇒走行距離5,000kmまたは6カ月

ディーゼル車&ディーゼルターボ車⇒1万kmまたは1年

 

 

交換時期が早まる場合は?

 

悪路を走ることが多かったり、坂道走行が多い方やちょこちょこ短い距離を頻繁に走る方、走行距離が多い方など、シビアなコンディションで走るケースが多い車は、エンジンオイルの劣化が早まるので、一般的な交換目安よりも少し早めに交換したほうが賢明です。目安としては、一般目安の走行距離よりも半分の距離に達したら交換時期です。

 

 

どうしてエンジンオイル交換必要なの?

 

エンジンオイルは、エンジンの潤滑が主な目的です。エンジン内では色々な金属部品同士がこすれ合い摩擦が起こっています。その摩擦や発生した熱を軽減するためにエンジンオイルは循環しています。

劣化したエンジンオイルを使い続けると、燃費が悪化したり、エンジン内部の部品の摩耗や損傷が防げなくなったり、最悪の場合、エンジンが焼き付き、エンジンがダメになってしまうことも。

漠然と、車検のときに交換すればいいよねって思ってしまうのは逆にリスキー。エンジンオイルは自分の車の使用状況に合わせて、正しく交換することが大切なマイカーの健康を保ち、結果的に車を長持ちさせる秘訣になります。

 

 

どんなエンジンオイルに交換したらいいの?

 

エンジンオイルはたくさんの種類があるので、迷いますよね。エンジンオイル選びでポイントとなるのは、粘度とグレード、ベースオイルの種類です。

オイルの粘土は、10W-30や、0W-20などで表示されている数字。

10W-30

最初の数字は、数字が小さいほど、低い温度でも固まりにくい特性があります。WはWinter(冬)の略。10Wは、零下25℃に対応しているという意味。ちなみに0Wなら、零下35℃、5Wなら零下30℃に対応しています。

次に30の数字は、高い温度時の粘度を表していて、数字が大きいほどオイルが固くなります。

オイル粘度は、車種で推奨粘度(メーカー指定)があるので、普通の乗り方で使用している場合は、メーカー指定のオイルにしておけば問題ないでしょう。

純正指定粘度以外でも使うことは可能です。色々と試してみるのももちろんあり。その場合は、エンジンオイルを購入するお店で、車の使用状況を説明して、ベストなエンジンオイルを選んでもらってもいいですね。

グレードは、API規格とILSAC(GF-5)規格の2種類があります。

エンジンオイルの主成分となるオイルのことをベースオイルと言います。ベースオイルは、

・100%化学合成油

・部分合成油

・鉱物油

の3つで、価格帯は鉱物油<部分合成油<100%化学合成油の順に高くなります。

グレードが高くなるほど高性能になりますが、値段が高いエンジンオイルであれば良いというわけではありません。自分の車と、使用状況に合わせて選ぶこと、適切なエンジンオイル交換を行うことが車の健康を保つには大切なこと。

まずは純正指定オイルを参考にエンジンオイルを選んで、交換する都度、色々試してみるのもあり。交換先で相談しながらエンジンオイル選びも楽しみながらトライしてみてくださいね。

 

SNSでシェア

関連記事