渓流散策を兼ねて 銚子大滝

2018.06.14. drive ドライブ

天然のマイナスイオン『水』を巡る。滝巡り編


 

注ぎ口

青森県十和田市にある「銚子大滝」。名前の由来は、十和田湖を銚子(とっくり)に見立てたときに、銚子大滝がとっくりの注ぎ口部にあたることからきているそうです。十和田湖から流れた水が奥入瀬渓谷に入るところに出来た滝。また、滝はほぼ直角に切り立っているため、十和田湖に入ろうとする魚を拒むことからまたの名を「魚止めの滝」と呼ばれています。幅20m、高さ7mの奥入瀬渓流の中で最大の滝です。

 

四季折々の美しさ

新緑、紅葉、冬は氷柱の風景。四季折々、違う表情が楽しめます。新緑の時期は水量が多く、ダイナミックな滝の光景と対面することが可能です。

 

駐車場、交通アクセス

奥入瀬渓流沿いの国道102号には小さな駐車場が数か所あります。銚子大滝は車10台ほど停められる駐車場。大きな駐車場は子ノ口駐車場です。休憩所、トイレ、レンタルサイクルのサービスなども用意されています。十和田湖子ノ口から、遊歩道を歩く、散策しながら滝を目指すのも心地よいコース。歩いて約30分です。

百石道路下田百石インターから国道45、102号経由、車で約1時間30分。

女性が等身大で本音が言える、女性の胸の内を聞く事ができる、女性のためのクルマ生活情報をお届けしていく予定です。女性には女性ならではの視点があって、クルマの楽しみ方、付き合い方があります。等身大の女性流クルマ生活の遊び方、楽しみ方を発見し合って、楽しみましょう!

SNSでシェア

関連記事