なだらかに斜面を流れる水音に耳を傾けて 粟又の滝

2018.06.14. drive ドライブ

なだらかに斜面を流れる水音に耳を傾けて 粟又の滝


 

なだらかな水が流れる音を聞く。

千葉県大多喜町にある「粟又の滝」。別名、養老の滝とも呼ばれている。養老渓谷の上流にあり、落差30m、長さ100mに渡り、清らかに流れる水は自然の壮大な風景とともに五感を癒す場所。滝のまわりは小道があるので間近で水が流れるさまを見ることができます。なだらかな斜面に水が流れていくのを静かに眺めるひとときは、忙しい日常を少し、忘れさせてくれるはず。天然のマイナスイオンを浴びることができる滝です。

 

遊歩道を散策、自然のエステ

周辺は粟又の滝自然遊歩道が用意されているので、散策を楽しみながら粟又の滝だけでなく、千代の滝、万代の滝、昇竜の滝も楽しめます。清流のせせらぎに耳を傾けて、心おだやかな時間に身も心もゆだねるひとときは、自然のエステです。

 

駐車場と交通アクセス、食事処

駐車場は粟又の滝まで徒歩約10分の場所にある粟又駐車場(大型車3台、普通車37台)、粟又の滝自然遊歩道まで徒歩約15分の場所にある小沢又駐車場(普通車70台)があります。粟又の滝の上には「秘湯の宿 滝見苑http://www.takimi.co.jp/)」があります。雄大な自然に囲まれた中で楽しめる日帰り入浴が出来る露天風呂やお食事処も。営業時間が事前にホームページで確認を。栗又の滝の近くにある駐車場までの交通アクセスは、首都圏中央連絡自動車道木更津東インターから車で約50分。

女性が等身大で本音が言える、女性の胸の内を聞く事ができる、女性のためのクルマ生活情報をお届けしていく予定です。女性には女性ならではの視点があって、クルマの楽しみ方、付き合い方があります。等身大の女性流クルマ生活の遊び方、楽しみ方を発見し合って、楽しみましょう!

SNSでシェア

関連記事